都道府県別 保健師求人事情

都道府県別の保健師求人事情

都道府県で保健師の転職先を比較すると、やはり大都市と呼ばれるようなエリアに関しては、はっきりいってその需要が高いということが言えると思います。都道府県を比較した場合には、やはりその需要が多いのは東京都でしょうね。

 

東京はまず圧倒的に人口が多いことが挙げられています。つまりはそれだけに保健師の需要が高いというのは当然ですよね?たとえば行政保健師でも、圧倒的に人口が多いことから、ある程度の人数がいなければ、正直いってそれぞれの担当地区の住民を対応していく人数が必然的に多くなりますから、他の地方都市に比べてみても、マンパワーが必要になってくると言えるのですよ。

 

また産業保健師の場合であっても、企業が圧倒的に多いというような都市であるエリアとそうではないエリアでもまったく求人数の数は違ってきますよね。産業保健師の設置義務があるような会社は、49名以上の会社ですから、こういったことを踏まえると、大阪、東京、名古屋、横浜などの都市がやはり求人数が多く、それ以外の場合であれば、なかなか門戸が狭いということが言えるのですよ。

 

その他にも学校保健師です。これも都道府県によって、学校の数というのは圧倒的に違っていることが多いですよね。学校保健師は、大学を対象にした保健師の転職先ですから、やはりこれも人口が多いような大都市と呼ばれているような都市に、大企業は集中することになりますよね。ですから、産業保健師の分野でも、やはり都道府県によって、求人の差というものがとても大きいと言えるのですよ。やはり都会に大学というものは集中していますから、地方都市と首都圏や、政令指定都市の大学数などと比べてみても、それは雲泥の差となって出てくることになるのですよ。

 

こういったことからもわかるように、やはり都道府県によって、やはり求人数の差というものは図らずも出てくることになるのですよ。こういったことからもわかるように、やはり人口が多く都会であるというような都道県のほうがやはり転職には有利であるということが言えるのです。

 

しかしながら求人が多いからといって、必ずしもそれが幸福であるとは言い切れないわけですよね。多いからこその苦労もありますよね。はっきりいってどれがいいのかわからないというようないわゆる贅沢な悩みですよね。しかしこういったことを考慮しても、やはり都道県別で人口が多いほうが圧倒的に施設数が多いために、転職には有利であると言えるのですよ。

保健師求人サイト人気ランキング