保健師 沖縄 求人

沖縄の保健師の求人は?

沖縄エリアで保健師の転職を目指すのであれば、以下のことを覚えておきましょう。まずは行政保健師への道ですが、沖縄県のホームページの情報によると、募集人員は通年通りというのが、沖縄の特徴です。採用職種と、採用予定者数ですが、沖縄県は毎年1名から2名というスタイルをとっているんですね。他の都道府県は、その年によって人数の変更があるものなのですが、沖縄県の特徴としては、毎年この人数が変わることはないのです。これがひとつの特徴と言えるでしょう。

 

沖縄県というものは、言わずとしれた日本の中でも一番の長寿県ですよね。平均寿命が日本何年も一番の県です。沖縄県は伝統的な健康法などが、いくつも存在し、それを当たり前に行なっているため、保健指導や、健康指導の需要というものが、はっきりいって少ないという現状があるのです。ですから、毎年若干名の募集であるという理由はこういったことから来ているということを覚えておきましょう。ですから、行保健師の道は何気に険しいということが沖縄エリアでは言えるのではないでしょうか。

 

地域柄というものも頭に入れておきたいですよね。温かい気候と、外に出る機会が多いということ。またのんびりとした性格や日常であることが多いために、ストレスには無縁という人間も多いものなのです。ですから産業保健師などに関しても、需要はまだまだ低いというのが現状としてあるのです。

 

沖縄エリアにおける保健師の職務内容としては、福祉保健所などにおいて、乳児健康診断や、健康相談などの保健業務が多いということなんですね。保健師の給与水準は、大学卒の保健師であれば、初任給が20万円程度です。保健師としての経験があれば、経験年数や、キャリアを加味されて給与が支払われることになるでしょうね。公務員ということもあり、年々確実に昇給をするということが多いですから、一般企業の社員などと比べても、沖縄エリアではかなり高待遇の職業であると言わざるを得ませんね。

 

また時間的な自由度が高いというのも特徴のひとつですね。定時の5時15分には確実に帰宅することができるでしょうし、完全週休2日制。公共施設や福祉施設などを除けば、土日祝日、年末年始は確実に休日になります。結婚をしても、妊娠・出産をしても、十分に働いていけるような良質な環境ですから、なかなか人の入れ替わりは期待できませんね。こういったことからも、沖縄エリアでの転職活動は、なかなかに難しいということが言えるのはないでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング