保健師 国家試験

保健師の国家試験

保健師になるために、絶対に通らなければならないステップとして、国家資格である保健師の資格を取得する必要があります。保健師というものはその基礎資格として、看護師免許を保有していることが前提になっています。近年ではそのまま保健師資格を取得する人間も増えてはいますが、看護師から保健師へのキャリアップのパターンが以前では非常に多く、看護師として臨床の現場を経験した人間が、勉強をして保健師へとキャリアアップするのが通常でした。

 

看護師資格を介さずに、保健師の資格を取得することも、もちろん可能です。看護系の大学へと通い、しっかりとその教育過程を修了すれば、保健師の国家資格の受験資格を獲得することができます。この際に、自分が目指す保健師の方向性をしっかりと決めておくと、さらに就職がスムーズになります。それは学校保健師の道ですね。

 

学校保健師の場合であれば、大学などでそこに通う生徒や、教職員などの健康管理をしていく場合のみになります。これは保健師資格を保有しているだけで充分なのですが、小学校や中学校、また高等学校においては、養護教諭としての資格が必要になってくるのです。これらの分野を視野に入れて、ここで勉強をしておけば、養護教諭の受験資格を得ることができますから、将来転職などを考えたとき、かなり幅広く転職先を選択することができるようになるでしょう。

 

中には大学の教育学部を卒業し、さらに保健師の資格まで有しているという方もいらっしゃいます。養護教諭の場合には、大学の教育学部に入り卒業をすれば、その資格を取得することができます。その他にも保健師資格を取得した後で、文科省が指定する単位を取得すれば、養護教諭の免許を獲得することができるんですね。

 

保健師の受験資格を取るために、看護師の資格を取得しておき、その後に1年課程の専門学校や大学へと入学し、受験資格を取得するための単位習得というパターンがスタンダードです。また保健師看護師の総合カリキュラムを持っている大学において、4年間をかけて各単位を修了し、受験資格を得るという2つのパターンがあることを覚えておきましょう。

 

受験内容ですが、地域看護学というものが絶対に出てくるもので、地域住民の疾病予防や健康水準の維持と増進を達成することができる知識が必須で必要になってきます。これらのことも過去問題などがありますから、そういったものを調べて、受験にあたるようにしましょう。

保健師求人サイト人気ランキング