保健師 辞めたい

保健師を辞めたいと思ったら。

保健師はさまざまな業種があり、その職場によって求められる保健活動も違ってきますが、保健師を辞めたいと思っている人は多くいるのでしょうか。
そこで保健師の離職率を調べてみると、保健師の離職率は15%前後で推移しており、看護師の44%と比べてみると低いということがわかります。

 

保健師という職業は、勤務する場所にもよりますが、全体的には比較的安定したものである表れと考えられています。
ただ、保健師の業務は今起こっていない病気などを防ぐための指導を行っていかなければなりませんので、自分でいろいろな計画や提案を考えていく必要があります。

 

また、看護師のようにチームで患者さんのケアにあたるのとは違い、対象となる人が多い割には、一緒に働く同じ保健師の数も少なく、場合によっては1人でこなしていかなければならないことも多くあります。
そして保健師という業務には関わりの薄い事務作業ばかりをさせられたり、病院などに勤めていると、保健師は看護師として病棟勤務を任され、夜勤までこなさなければならず、保健師としての業務に関われない人もいます。

 

また、他の職業でもいえますが、人間関係で辞めたいと考えている人も多く、担当している相談でも共有しづらい環境であったり、保健師が自分1人だけという職場では理解してもらえないことも多く出てきます。
保健師自体の仕事には魅力を感じていても、環境のせいで辞めたいという人は潜在的にも多くいるとされ、そのままでは夢描いていたスキルアップへの道も遠くに感じてしまうかもしれません。

 

保健師はハローワークなどの求人を見ても、看護師などと比べると少ない傾向があるので、転職は難しいと思っている人もいるかもしれませんが、環境が悪く退職を考えている人は、他に転職するという方法も残されています。
実は保健師専門の転職支援サイトでは、比較的環境の良い求人が沢山掲載されていますので、自分に合う職場を探すというのも1つの方法です。

 

転職支援サイトでは専門のコンサルタントがいますので、今の職場に対する悩みから、自分に合った求人、そして実際に希望する職場へ転職するまで総合的にサポートしてくれます。
特に保健師を専門にしているサイトでは、普段から求人などで悩みを共有できる場合が多いので、親身に対応してくれることは多いのです。

 

また、自分で求人を探すだけではなく、自分に合った転職先を紹介してくれるというのも、効率的です。
大学や専門学校に通って取得した保健師の資格は、一生仕事として活かせますので、視点を変えて行動するだけで違った未来が見えてくるかもしれません。

保健師求人サイト人気ランキング