保健師 夜間勤務

夜間勤務の保健師求人

保健師は大きく分類すると行政保健師、産業保健師、学校保健師に分かれ、他にも健診センターなどがある病院や児童相談所、地域包括支援センター、社会福祉施設などさまざまな場所で保健師の需要は高まっています。

 

市町村の保健センターや保健所などに勤務する行政保健師は、公務員として働いている人が多いので、勤務時間は日中の8時から17時くらいまでと時間が決まっています。
公立の学校機関に勤める学校保健師も行政保健師と同じように日中の勤務時間が多く、企業に勤務し社員の健康管理に努める産業保健師も、企業の就業時間に違いはありますが、日中の業務が多いようです。

 

このように見ても、保健師として勤務している人の大半は日勤の時間帯で、平日勤務土日が休みといった人が多く、保健師の待遇の魅力としてもよく挙げられている特徴です。
しかし、病院などに勤務したり、介護施設や老人ホームなどは夜間勤務やシフト勤務などの変則的な勤務時間が多くなっています。
病院に勤務する保健師は、健診センターのみの勤務であれば別ですが、病棟に配属された場合は他の看護師と同じように夜間勤務があったり、看護師が不足している日だけ夜間業務を手伝うということもあるそうです。

 

また、高齢者を受け入れている施設には、医療に携わるスタッフが限られていますので、保健師が夜間勤務することの役割が大きいところもあります。
よって保健師の業務を行う対象者が、入院や介護などの24時間体制のケアが必要な職場に勤務する場合は、他の保健師の業種に比べるとかなり変則的な勤務時間になってしまいます。

 

保健師は職場もこのように多様化していますので、自分の条件をしっかり持って、条件の合う最適な求人を探していくことが大切になります。
また、さまざまな事情から保健師で夜間勤務を希望する場合は、病院の看護業務であれば夜間に働くことは十分に考えられます。

 

介護施設や老人ホームなどは、病院よりも救急で対応しなければいけない場合が病院と比べると少ない傾向にあるので、夜勤であっても忙しいということは少ないようです。
このような夜間の求人を見つける場合は、条件を見ても少ないことが十分に予想されますので、自分で見つけることは難しいかもしれません。

 

そんな時は保健師の専門転職支援サイトなどを利用して、夜間勤務などの必要な条件を伝えて、専門のコンサルタントに求人を探してもらうという方法もあります。
転職支援サイトは無料で利用できますので、上手に活用品がら効率よく求人を見つけていくことが大切です。

保健師求人サイト人気ランキング