海外勤務 保健師

海外勤務可能な保健師求人

保健師の仕事は予防医学からいっても近年大変注目されており、行政はもちろん、企業や病院などでも保健師を採用しているところも増えています。
また、海外に目を向けても、健康増進や保健衛生面を向上させようという動きは加速しており、特に高深刻の公衆衛生や感染症の問題などは、生命の危機を脅かす重要な問題になっています。

 

各国の政府やユニセフなどの国際機関は、世界の保健問題を解決していこうと活動をしており、保健師の中でも海外で保健活動をしたいという人も多くいます。
海外で保健師として働きたい場合は、まずは働きたい国での看護師の免許を取得しなければなりません。

 

当然海外で働いていくのに問題ない程度の語学力も取得していかなければなりません。
国によっては日本で保健師の資格を持っている人には、単位認定を受けることができることもありますので、どの国でどんな活動をしたいか頭に思い浮かべながら調べてみると良いでしょう。

 

また、海外で実際に保健師として働く方法として、NGOなどの団体のスタッフとして、海外の派遣を受ける人もいます。
この場合は主に発展途上国で保健活動しなければいけませんので、日本のように看護や保健活動に関する環境が良いわけではないので、困難に接する場合も多いでしょう。

 

途上国では未だに下痢やエイズ、肺炎、マラリア、結核、はしかなどが横行し、衛生環境も日本に比べるとかなり悪いところが多いので、これらの感染症が原因で毎年多くの人が命を落としています。
海外派遣された場合には、あらゆる困難も自分で切り開いていけるような、強い精神力が必要になります。

 

その他にも、海外の企業や病院などでもその国の看護師や保健師の免許を取得することができれば、実際に働くことは可能となります。
ただ、海外と日本の医療現場は大きく違っていますので、その違いを把握し、時には受け入れるということも必要になってきます。

 

このように海外で保健師として働きたい場合は、多くのハードルを越えていかなければなりません。
また実際に海外で保健師の仕事に就いたとしても、言語や習慣も違う国で行う保健活動ですので、大変なことが予想されます。

 

ただ、一生懸命習得した知識は、現地の人たちの健康面や精神面でプラスに働く場面が多いですので、やりがいは大きいでしょう。
保健師として海外に勤務したい場合は、その国のことをしっかり把握して、計画的に準備していくことが大切になってきます。

保健師求人サイト人気ランキング